カテゴリ:ネットワーク( 2 )
IPアドレスは、32ビットです。0と1が32個並んでいるとおもえばよいでしょう。ただ、これでは人間には分かりにくいので、表記上、8ビットごとに4つに分け、10進数に直して表記することとなっています。

IPアドレスは前半のネットワークアドレスと、後半のホストアドレスとに分けられます。その境界は、クラスにより異なります。ネットワークの規模に応じて、クラスAからクラスC(マルチキャスト用のクラスD、未定義のクラスEを除く)というクラス分けがあります。

たとえば、クラスCを例にとります。クラスCは、IPアドレス32ビットのうち、前半24ビットがネットワークアドレス、後半8ビットがホストアドレスと定義されています。クラスCだと、ホストアドレスは、1ネットワークアドレスあたり、00000000から11111111まで、2の8乗、すなわち256個のアドレスを持つことができます。先頭の0(00000000)はネットワークアドレスとして、最後の256(11111111)はブロードキャストアドレスなので、正確には、254個のアドレスを使用できます。

これら256個をすべての端末に割り振ることもできますが、アドレスの無駄遣いが生じないように、そして、管理しやすくなるように、さらにグループに分けてはどうか、と考えてみることにします。

グループ分けした場合、グループの1つ1つをサブネット(サブネットワーク)と呼びます。サブネットに分けるには、サブネットアドレス部分をホストアドレス部分から借りてサブネットアドレスとします。クラスという枠を超えて、ホスト部分の一部をネットワークアドレスとして扱うということです。

クラスCの場合、ホストアドレスは8ビットありますが、そのうち何ビットをサブネットに割り当てるかは任意です。たとえば3ビットを割り当てたとします。最後の5ビットがホストアドレスとなります。この割り当てをあらわしたのがサブネットマスクです。この場合は、こんな感じになります。

11111111 11111111 11111111 11100000

これを10進数であらわすと、255.255.255.224 になります。サブネットマスクは、どこまでがネットワークアドレスで、どこからがホストアドレスなのかを0と1であらわしただけです。10進数で考えるからむずかしいので、2進数でみれば、単純です。

たとえば、自宅で通常設定するのは、255.255.255.0 だとおもいます。255.255.255.0 というのは、

11111111 11111111 11111111 00000000

つまり、1個のグループです、すなわちグループ分けしませんよ、というサブネットマスクです。サブネットに分けない場合でもサブネットマスクの指定が必要となっています。なので自宅でネットワークする場合は、グループ分けすることもないので、255.255.255.0 なわけです。

先ほど、何ビットをサブネットに割り当てるかは任意です、といいましたが、実際にはグループ分けの数によって、サブネットを決めます。


例をかんがえてみましょう。

ある会社に、クラスCアドレスである「192.168.1」というネットワークアドレスが割り振られたとします。この会社には6つの支店があるので、6つにグループ分けしたいとします。このとき、サブネットマスク、ネットワークアドレス、ホストアドレスはどのように割り当てればよいでしょうか。

まず、6つのグループを作成するためには、何ビットのサブネットが必要かをかんがえます。 2*2=4, 2*2*2=8 なので、サブネットを3ビットとれば、8つまでのグループが作れることがわかります。

ちなみに、0サブと1サブはつかわないので(つかうこともできますが、通常はつかいません)、3ビットとると、8-2=6で、6つのグループができるのがわかります。

というわけで、サブネットは3ビットとすることにします。したがって、

11111111 11111111 11111111 11100000、

すなわち

255.255.255.224

をサブネットマスクにすればよいことがわかります。

さて、つぎに、255.255.255.224 をサブネットマスクにしたときに、どのようなネットワークアドレスが作成できるか、その際に考えられるホストアドレスはどのようなものになるか考えてみましょう。

(このうち、一番上の「000」と一番下の「111」は、0サブ、1サブなので、使用しないネットワークです。)

それぞれの支店ごとに30台までぶら下げられることがわかります。クラスと同様に、ホストアドレス部がすべて0とすべて1のアドレスは割り振りできません。すべて1のアドレス、たとえば、上の表(サブネットが3ビット=サブネットマスク255.255.255.224)のばあい、00011111である192.168.1.31は、ネットワークアドレス 192.168.1.0のブロードキャストアドレスになっています。


0サブと1サブはつかいません。なので、
ホストアドレス部を3ビットとると、2*2*2=8で、8-2で、6つのグループ、
ホストアドレス部を2ビットとると、2*2=4で、4-2で、2つのグループにわけられます。
では、1つのグループのばあいはどうなるのでしょう。
(私はここがわからなかった)
1つのグループの場合は、つまりはサブネットにわけないということなので、
0サブ、1サブはありえませんので、1-2=?、とかんがえる必要はありません。

-------------------------------------------------------
【例題1】

次のネットワークアドレスとサブネットマスクをもつネットワークがある。このネットワークを利用する場合、パソコンに割り振ってはいけないIPアドレスはどれか。

ネットワークアドレス : 200.170.70.16
サブネットマスク   : 255.255.255.240

ア 200.170.70.17  イ 200.170.70.20  ウ 200.170.70.30  エ 200.170.70.31


-------------------------------------------------------

サブネットマスクの 240 は、2進数になおすと、11110000 となります。4ビットがサブネット、4ビットがホストアドレスです。4ビットのサブネットでいくつかに分けられるネットワークグループのうち1つが 200.170.70.16 だということです。

2進数4ビットは、10進数では、2*2*2*2=16 となります。1つのグループには16個のホストアドレスをもつことができるということです。実際には、ホストアドレス16個(200.17.70.16~200.17.70.31)から、ネットワークアドレス 200.170.70.16 と、ブロードキャストアドレス 200.170.70.31 を除いた、200.17.70.17 ~ 200.17.70.30 がこのネットワークに使用できるアドレス、ということになります。

もっとも、この問題は、見ただけで エ とこたえはわかります。割り振られるアドレスが、ネットワークアドレスより前の値のアドレスであるわけはない。ネットワークアドレスはそのネットワークの先頭だから。これはわかる。選択肢にもないのだから。とすれば、1つしか解答がないとすれば、値の一番高いのにきまっています。

-----------------------------------------------------
【例題2】

問1.192.168.16.0/20 のサブネットマスクはどれか。

(1) 255.255.240.0 (2) 255.255.255.0 (3)255.255.248.0 (3) 255.255.248.0 (4) 255.255.224.0

問2.192.168.16.0/20 のネットワークに含まれるアドレスはどれか。

(1) 192.168.255.255 (2) 192.168.31.1 (3) 192.168.15.1 (4) 192.168.0.1

------------------------------------------------------

「/20」というのは、ブレフィックス長といい、20ビットのサブネットマスクをあらわしています。1の部分がつづく数です。このばあいは、

11111111 11111111 11110000 00000000

となります。これを10進数にすると、255.255.240.0 となります。

ネットワークアドレス 192.168.16.0 のネットマスクが20ビットなので、

ネットワークの範囲は、

11000000 10101000 00010000 00000000 から
11000000 10101000 00011111 11111111 まで

です。これを10進数であらわすと、192.168.16.0 ~ 192.168.31.255 となります。
[PR]
by nwdb | 2004-11-19 08:33 | ネットワーク
Networkのお勉強 さんで、ご紹介されていた、ITBooks ネットワーク技術の解説とNetwork関連書籍の紹介ですが、びっくりです。すごいサイトでした。早速リンクさせていただこうとおもいます。

---あれ、エキサイトブログでないと「リンク」できないのですね。通常のリンクで我慢しておきましょう。
[PR]
by nwdb | 2004-10-22 08:41 | ネットワーク


リンク
■SQL攻略 実行すれば理解できる

■ITBooks ネットワーク技術の解説とNetwork関連書籍の紹介


受験歴
初級シスアド
→2004年春合格
テクニカルエンジニア(ネットワーク)
→2004年秋受験


アクセス解析

以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧