ルーターのDHCPを利用して自動で割り振るのではなく、
固定のIPアドレスを割り振ることとします。

# emacs /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.0.10
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.0.1
NETWORK=192.168.0.0
BROADCAST=192.168.0.255


# ifconfig

DNSサーバーのアドレスも指定しておきます。
ルーターのDHCPを利用したときは自動的にルーターがDNSを兼ねていました。
プロバイダが指定するDNSサーバー、またはルーターを指定します。
複数のDNSサーバーを並記できます。

# emacs /etc/resolv.conf

nameserver 192.168.0.1


インタフェースを再起動します。
# /sbin/service network restart
[PR]
# by nwdb | 2005-10-26 09:02 | VineLinux2.6r4


リンク
■SQL攻略 実行すれば理解できる

■ITBooks ネットワーク技術の解説とNetwork関連書籍の紹介


受験歴
初級シスアド
→2004年春合格
テクニカルエンジニア(ネットワーク)
→2004年秋受験


アクセス解析

以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧