# apt-get install samba

# rpm -qa | grep samba
samba-client-2.0.10_ja_1.2-0vl3.26
samba-common-2.0.10_ja_1.2-0vl3.26
samba-2.0.10_ja_1.2-0vl3.26

# emacs /etc/smb.conf

以下のように編集しました。
共有フォルダ /home/public にはだれでもOKですが、
ユーザーは Apache のドキュメントフォルダにアクセス可能、
というルールとしました。

# Date: 2005/10/24

[global]
    coding system = euc
    client code page = 932
    workgroup = WORKGROUP
    security = user
    encrypt passwords = Yes
    map to guest = Bad User
    unix password sync = yes
    interfaces = eth0 127.0.0.1 192.168.0/24
    hosts allow = 192.168.0.
[home]
    browseable = No
    read only = No
    writeable = Yes
    path = /usr/local/apache/htdocs
[public]
    path = /home/public
    guest ok = no
    read only = no
    writable = Yes
    force group = public
    force create mode = 0664
    force directory mode = 0775



# /etc/rc.d/init.d/smb restart
Shutting down SMB services: [ OK ]
Shutting down NMB services: [ OK ]
Starting SMB services: [ OK ]
Starting NMB services: [ OK ]

ユーザーの追加
# smbpasswd -a nwdb
New SMB password: xxxxxxxx
Retype new SMB password: xxxxxxxx

# mkdir /home/public
# chmod 777 /home/public

自動起動の設定
# chkconfig smb on
[PR]
# by nwdb | 2005-10-24 16:14 | VineLinux2.6r4


リンク
■SQL攻略 実行すれば理解できる

■ITBooks ネットワーク技術の解説とNetwork関連書籍の紹介


受験歴
初級シスアド
→2004年春合格
テクニカルエンジニア(ネットワーク)
→2004年秋受験


アクセス解析

以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧